誹謗中傷の対策

ありえないとは言えない、インターネット上での誹謗中傷

インターネットでは、だれでも自由に意見を書き込むことができます。以前も掲示板などがありましたが、現在ではツイッターなどでも簡単に意見を表に出すことができます。それによって、事実無根の誹謗中傷が広められてしまうということもあります。現在インターネットでは簡単に匿名で意見を書き込むことができるため、こういった誹謗中傷による被害が増えてきています。それに対向するのが、逆SEOです。逆SEOのお値段は、その難易度によって金額が大きく変わってきます。簡単に検索順位の下がるウェブサイトの順位を下げるのであれば安価ですが、なかなか順位の下がらないウェブサイトであれば、その分金額と費用も上がることとなります。

そもそも逆SEOって何をするの

そもそも逆SEOとはなにかと思われる方もいるかもしれません。何がしかの単語でウェブサイトを検索したときに、上位に出るようにするのをSEOと言います。少しでも自分のウェブサイトを上位に出そうとするのはよくあることです。ならば、自分の悪評、誹謗中傷が書かれたウェブサイトが上位に出てきてしまう場合、どうしたら良いでしょうか。そういった場合、自分の誹謗中傷が出るウェブサイトよりも、それ以外の内容のウェブサイトが上位にでるようにすれば、相対的に悪評が書かれているウェブサイトが検索順位が下がります。それによって、誹謗中傷がひと目に付きづらくなります。それが逆SEOです。誹謗中傷サイトの検索順位が下がっても、それが一時的に過ぎない場合もあります。そういった事のないように、数ヶ月にわたって検索順位を落下させたまま安定させるのが、逆SEOの仕事ともいえます。

TOP